• ホーム
  • 歯が抜けた場合の選択肢について

歯が抜けた場合の選択肢について

当院では患者様一人ひとりに
合った最適な治療をご提案します

当院では歯を失ってしまったからといって、インプラント治療を無理に勧めたりはしません。 全ての治療においてメリットやデメリットを提示し、患者様とよく相談をした上で治療計画を決定いたします。また、患者様には出来るだけ多くの選択肢の中からお選びいただけるようにしています。

歯が抜けた場合の選択肢について

重度の虫歯に侵され抜歯をした、予期せぬ事故で歯をなくしてしまったなど、歯が抜けてしまった場合における治療法は様々です。

北浜駅歯医者「佐々木歯科医院」では万が一、歯が抜けてしまった場合の選択肢としてインプラント、入れ歯、ブリッジ、歯牙移植をご提案いたしております。それぞれに特徴があり、患者様に合った最適なものをご提案させていただいております。こちらのページではそれぞれの治療法についてご説明いたします。

もっとも一般的な補綴治療
「入れ歯治療」

もっとも一般的な補綴治療「入れ歯治療」

重度の虫歯や歯周病、または事故などで歯を失ってしまった場合の選択肢として一般的に用いられる治療法が入れ歯治療です。入れ歯に対して「うまく咬めない」、「すぐに外れる」といったマイナスのイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?
近年の技術開発により、こういったイメージを払しょくする機能的な入れ歯が手に入るようになってきており、快適に咬め、ぴったりと合う入れ歯も製作が可能になっています。

外科処置をおこなわない体に優しい
「ブリッジ治療」

外科処置をおこなわない体に優しい「ブリッジ治療」

ブリッジとは失った歯の両隣にある健康な歯を削り、人口歯を被せる治療法です。外科的な処置を行わないため、体に優しい治療で費用も安価です。また、歯にしっかり固定が出来るため、快適な咬み心地を得ることが出来ます。

本物の歯と変わりない見た目や
咬み心地を実現できる
「インプラント」

本物の歯と変わりない見た目や咬み心地を実現できる「インプラント」

インプラント治療は、失った歯の部分のあごの骨にインプラントと呼ばれるチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を装着することで失った歯を取り戻す治療法です。インプラントは入れ歯やブリッジのように周りの歯に負担をかけることはありません。また、インプラントはあごの骨にしっかりと結合するため本物の歯のような咬み心地を得ることができます。

歯を失った部分に自分の歯を移植する治療
「歯牙移植」

歯を失った部分に自分の歯を移植する治療「歯牙移植」

別の場所から自分の歯を失った場所に移植する治療方法です。例えば、抜歯した部分に親知らずや過剰歯などの歯をその部分に移植することができます。歯牙移植にはいくつかの条件がありますが、その条件を満たすことが出来れば大変効果の高い治療です。

インプラント治療と従来の治療との比較
  入れ歯(保険適用) ブリッジ インプラント 歯牙移植
メリット
  • 治療期間が短い
  • 健康保険が適用
  • 健康な歯を削らなくてよい
  • 外科的処置が不要
  • 固定式なので違和感を覚えにくい
  • 咬む力が伝わりやすい
  • 健康保険が適用される
  • 外科的処置が不要
  • 違和感がほとんどない
  • 健康な歯に負担をかけない
  • 骨に固定されるのでしっかり咬める
  • 見た目が自然
  • 周囲の歯を削る必要がない
  • 自然なかみ合わせが得られる
デメリット
  • 厚くて違和感を覚えやすい
  • 咬む力が伝わりにくい
  • 見た目がよくない
  • 土台となる健康な歯を削る必要がある
  • 健康な歯に負荷がかかり、寿命が短くなりやすい
  • 連結式なので、ブラッシングが行き届きにくい
  • 保険が適用されず、治療費が高額
  • 外科手術が必要で、症例によっては適用不可
  • 治療期間が長くなる場合がある
  • 治療できる条件が限られる
  • 外科手術が必要
  • 高齢者では治療の成功率が低下する可能性がある

06-6233-9670 タップで電話をかけられます

Web予約