虫歯になる前に
「治療」から「予防」に意識を変えましょう ~予防歯科~

虫歯や歯周病はとても再発しやすい病気です。治療が終わると通院をやめてしまう方もいますが、定期検診や歯科医院での予防処置が欠かせません。お口の状態にもよりますが、3か月ごとを目安に受診する習慣をつけましょう。

北浜駅歯医者「佐々木歯科医院」では、咬み合わせのチェックなどを行うことで、お口の健康を長く保てるサポートをしています。

どうして予防歯科が大切なのか?

初期の虫歯や歯周病には、痛みなどの自覚症状がほとんどありません。歯科医院のメインテナンスではトラブルの有無を確認し、歯科衛生士をはじめとする専門家がお口のケアを行い、病気の再発を効果的に防ぎます。早期発見は早期治療につながり、歯の寿命を延ばすことにもつながります。

治療を中断することのリスク

虫歯や歯周病などの状態によっては、完治までに何度も通院しなければなりません。通院を重ねるうちに、途中で通うのをやめる方がいらっしゃいますが、これはNGです。治療計画を変更しなければならず、次のようなリスクが発生してしまうからです。

当院ではできる限り、患者様の歯を抜かないことを最優先します。そのためには患者様のご協力が必要不可欠です。治療のモチベーションを保っていただけるよう、わかりやすいご説明を心がけておりますので、ご不安な点はお気軽にご相談ください。

考えられるリスク
症状の悪化
治療途中で放置すると、多くの場合で患部の症状が悪化します。
新たな発症
治療中に用いる仮の詰め物などは耐久性が低く、患部から新たな虫歯や歯周病を発症する可能性があります。
負担の増大
放置することで悪化し、治療の回数や治療費の負担が増え、精神的な負担も増していきます。

担当衛生士制を導入しています

歯科衛生士は歯科医師の診断と指導にもとづいて、お口のクリーニングやブラッシング指導を行い、患者様のお口の健康をサポートする役割を担っています。当院では「担当衛生士制」を導入し、患者様一人ひとりの口腔内をきちんと把握しています。

患者様のお悩みをお聞きし、その解決法をご提案したり、歯科医師に伝えたりすることも歯科医衛生士の役割です。ちょっとしたお困りごとやご要望など、どんなことでも遠慮なくお伝えください。

予防歯科メニュー

フッ素塗布

フッ素には歯質を強化し、虫歯菌の出す酸で溶けにくい状態にする効果があります。再石灰化を促す効果もあり、ごく初期の虫歯なら塗布によって治癒が期待できます。

ブラッシング指導

患者様の年齢や歯並びの状態に合わせ、効果的なみがき方や歯ブラシの選び方などをお教えします。

PMTC

「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」の略で、プロによるクリーニングです。ブラッシングで落としきれない歯石や着色汚れも落とせて、虫歯や歯周病の予防効果が期待できます。

咬み合わせ・
歯並びチェック

咬み合わせの乱れがあると、歯や顎の骨に負担がかかり、歯周病の進行や顎関節症などの原因となることがあります。歯並びの乱れがみがき残しやコンプレックスの原因となることも。これらの確認と、治療法のご提案を行います。

06-6233-9670 タップで電話をかけられます

Web予約